読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noseでテスト

nosetestsは、proveみたいなものです。plugin機構があって拡張できるようになっているので、prove以上に色んな事ができます。

使い方は、いかのとおり。

インストール

pip install nose
pip install rednose

テストの色づけ

.noserc

[nosetests]
verbosity=3
nocapture=1
rednose=1

ref: http://d.hatena.ne.jp/yaotti/20091007/1254926457

Makefile

Makefileに以下を定義

TESTS = \
        simple_package_template \
        tests

TEST_OPTIONS = \
        -v \
        --with-doctest

default: all 

all:
        @echo "Nothing to do"

test:
        @(nosetests $(TEST_OPTIONS) $(TESTS))

testxml:
        @(nosetests $(TEST_OPTIONS) --with-xunit $(TESTS) )

profile:
        @(nosetests --with-profile --profile-stats-file=nose.prof $(TESTS)) 
        @(python -c "import hotshot.stats ; stats = hotshot.stats.load('nose.prof') ; stats.sort_stats('time', 'calls') ; stats.print_stats(20)")

coverage:
        @(nosetests --with-coverage $(TESTS)) 

テスト

make test

などなど。

CI: Hudsonとの連携

Hudsonに、nosetests --with-xunitの結果をくわせてる

http://www.rhonabwy.com/wp/2009/11/04/setting-up-a-python-ci-server-with-hudson/

TODO

# doctestのoptionは、後で調べる。

[nosetests]
with-doctest=1
doctest-extension=.rst
doctest-fixtures=_fixtures