2020年買ってよかったもの

 

2020年も色々と素晴らしいプロダクトを買うことができました。こういった素晴らしいプロダクト群を自分も生み出し続けていきたいと思う今日この頃です。

M1 Mac mini

動画編集マシンとしてコスパが異常に高いというのがきっかけではあるのだけれど、歴史の転換点としてこういったHWを買わないといけないなと思い、結局買うことにした。この数年はMacは完全にオワコンだと思っていたけれど、M1を生み出すための移行過程だったと知ったときは驚いた。こんなに素晴らしいプロダクトをHW革新で生み出すあたり、Appleの底力を改めて感じる。Apple自身の強みを正確に意識した戦略には驚くしかない。

 

最新 Apple Mac mini Apple M1 Chip (8GB RAM, 512GB SSD)

最新 Apple Mac mini Apple M1 Chip (8GB RAM, 512GB SSD)

  • 発売日: 2020/11/17
  • メディア: Personal Computers
 

 

シェアカーとレンタカーで十分だと思っていたのだけれど、コロナで少し借りづらくなりどこも行かなくなってしまったので、これはまずいということで買うことにした。 車中泊仕様にカスタムして、キャンプを楽しんだりしている。コロナ下でも楽しんでいきたい。

象印の炎舞炊き

象印の10年くらい前のやつを使っていたのだけれど、そろそろ替えてもよいかとういうことで買い替えてみた。全体的には炊きムラが減っていて、どこ食べてもモチモチ食感でおいしい。

 

 

Regza 49Z 730X

全録のRegza。それほどテレビを見るほうではないのだけれど、時々面白い番組があってそれを見ている。全録の価値は全部とれるところにあるというよりも、過去番組に全部チャプターが人力でつくので、見たいところだけをピックアップして見れるところ。面白いところだけ、興味のあるところだけを見れるのがとても便利。

 

 

ロードバイク  

パーソナルトレーニングに通って運動をしていたのけれど、コロナで急に行けなってしまったので、新たな趣味としてロードバイクを始めることにした。ロードバイクは、自転車のようで自転車じゃない。ハイテクの塊で、いわゆるママチャリとかとは完全に別物だったりする。カーボンロードバイクをいきなり買ってみたのだけれど、これは良い選択だった。とても軽く、乗ること自身が楽しい。冬は寒くて乗るペースがおちてしまったけれど、週に3-4回は乗れていて、これは安い買い物だった。

 

Anker Eufy Lumi 

 人感センサー、電気をつける必要がなくなるのは意外と便利。3つで1700円と破格な点も素晴らしい。

 

Pixel 5

 iPhone指紋認証がつかなかったので、久々にAndroidに乗り換えました。Androidもかなり進化していて、さほど差はなくなっており、使用感としては完全に満足しています。iPhoneと違って軽いのもおすすめ。

 

 

Anker Eufy RoboVac 30C Max

 ルンバが故障したのでAnker製のに乗り換えてみた。結果、半額以下で特段性能も変わらずで、とても良い買い物だった。今後はAnkerのEufyシリーズで買っていこうと思う。

 

 

YouTube Premium

これは今年一番使ったものかもしれない。広告がなくなることがこうも快適なのかと実際に使うと驚いた。YouTubeそのものは広がるニッチコンテンツの世界が素晴らしい。対象を絞り切ったコンテンツが多く、趣味の素晴らしさを改めて感じることができた。