キャンプ道具入門2018

今年からキャンプをはじめたのですが、自然の中でゆったりと時間を過ごすことのあまりのすばらしさに、すっかりハマってしましました。最近は、どんな道具があれば、キャンプできるの?と聞かれることも増えてきたので、簡単ではありますが、まとめてみました。基本的には春・夏向けの装備ですが、これを拡張することで秋も楽しむことができます。想定する人数は3-4人で、オートキャンプをする場合の構成です。

キャンプは、老若男女、様々な人が末永く楽しめる、奥深く素晴らしい趣味だと感じています。この記事が、キャンプを始めるきっかけとなってくれたら嬉しいです。

テント / タープ

テント

  • コールマンのタフワイドドーム4を使っています。300x300と、そこそこ広いです。
  • 最低限、人数+1分の余裕をみて購入するのがポイントです。
  • 4-5人用というタイプだと、3人寝るのがちょうどよい感じです。 4人でも使えなくはないといった感じでしょうか。
  • テントシートとグランドマットはお忘れなく。セットで一緒に買ってしまうのがおすすめです。

マット

  • コールマンのインフレーターマットを使っています。
  • 空気を抜くと大分コンパクトになり、また寝心地が良いため、お気に入りです。
  • 収納スペースがあれば、もう少し厚みのあるものにしてもよいかもしれません。

  • コールマンのコンパクトインフレーターピロー2を使っています。
  • 空気をパンパンに入れるのではなく少し抜いて使うと寝心地が良くなるのでおすすめです。

コールマン コンパクトインフレーターピロー2 2000010428

コールマン コンパクトインフレーターピロー2 2000010428

タープ

  • コールマンのヘクサタープを使っています。タープ下で過ごす時間は長いため、大きめのものを買っておいたほうが、ゆとりがあって過ごしやすくなるためお勧めです。

コールマン タープ XPヘキサタープ/MDX グリーン 2000028621

コールマン タープ XPヘキサタープ/MDX グリーン 2000028621

自在付きロープ

  • テントに備え付けのでもよいですが、夕方になるとロープが見えにくくなるので、黄色で反射材が入っているものを選ぶと転びにくいです。

ペグ

  • エリッゼの鋳造ペグで良いです(もしくは、SnowPeakのソリッドステーク)。
  • 30cm位のものを買っておくこと、鋳造ペグを買うことの2点がポイントです。長さは抜けないようにするために必要で、鋳造ペグは地面が固いサイトでも打ち込めるようにするために必要です。
  • テントとかに付属しているプラスチックのペグだと、固いサイトで打ち込めないので、設営時に苦労することになります。

ペグハンマー

  • Snow Peakのペグハンマーを使っています
  • ある程度重いほうが、ペグの打ち込みが楽です。僕は、この他に900gの少し重めのハンマーも買っています。

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.C N-001

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.C N-001

ペグ収納ケース

  • ペグ、ハンマー、ロープ等をいれてます。どこのを使ってもさほど差はありませんが、30cmの鋳造ペグが最低限入るものを選ぶと良いかと思います。

ランタン系

LEDランタン

ランタンハンマー

  • スノーピークのパイルドライバーを使っています。
  • 脚のあるランタンスタンドだと、足に引っ掛けがちなので危ないのですが、これは脚がないので安全です。固いサイトでも簡単に打ち込めます。

スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004

スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004

スノーピーク(snow peak) パイルドライバーケース LT004B

スノーピーク(snow peak) パイルドライバーケース LT004B

ランタンハンガー

  • ランタン以外にも、ごみ袋や皿入れなど、色々かけて使っています。

スノーピーク(snow peak) ランタンハンガー LT-006

スノーピーク(snow peak) ランタンハンガー LT-006

炭火/焚火用

焚火台/BBQ用

  • UNIFLAME/ユニフレーム ファイアグリル を使っています。
  • 組み立ても簡単なのと、炭が動かしやすいので便利です。

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040

火起こし器

  • ユニフレームのチャコスタを使っています。
  • 炭をおこすのに大体20-30分位かかるんですが、着火剤をチャコスタの下において火をつけるだけでよいので、火おこしがかなり楽になります。その間に、料理の準備などができるので、お勧めです。

ユニフレーム チャコスタ II665435

ユニフレーム チャコスタ II665435

  • 大黒オガ備長炭を使っています。
  • これを、チャコスタに入れて使っています。火持ちが良いので、何かと便利です。
  • キャンプ場などにある木炭だと、崩れやすいのでチャコスタとの相性が悪いです。また、火がついている時間が短いので不便です。

焚火テーブル

  • ユニフレームの焚火テーブルは何かと便利です。熱い鍋やらを直接乗っけることができます。キャンプ場に行くとかなりの人が使っています。

ユニフレーム UNIFLAME 焚き火テーブル 682104

ユニフレーム UNIFLAME 焚き火テーブル 682104

トング

  • 炭が結構熱いので、少し長めのもの(40cm以上のもの)を選ぶほうがよいです。

グローブ

  • 炭は熱いので、グローブもお忘れなく。

料理系

バーナー系

  • ユニフレームのツインバーナーを使っています。普通の過程で使うガスボンベを使用することができるのが便利です。
  • 全てを炭火で調理をするというのも楽しいのですが、時間がかかるので、バーナー系はあると何かと便利です。

調理器具セット

  • コールマンアルミクッカーコンボを使っています。
  • ダッチオーブンなど、他にもいろいろと料理を楽しむための道具はありますが、まずはこういった手堅く料理を作れるものを買っておくと便利です。
  • このセット中のライスクッカーだけでも、まずは購入すべきです。炭でもバーナーでも、簡単にかつおいしくご飯が炊けます。

コールマン アルミクッカーコンボ 2000026764

コールマン アルミクッカーコンボ 2000026764

クーラーボックス

  • コールマンのハードタイプのものを使っています。ハードタイプのもののほうが保冷できる時間が長いのでお勧めです。
  • 大きいものより中くらい物のを1-2個持っていくほうがよいです。サイズの大きなものを1個だとかなり重くなるので持ち運びが困難になります。

食卓 

テーブル

  • 組み立てが簡単で軽いです。他のものでもよいかもしれませんが、特段不満もないです。

椅子

  • コールマンのスリムキャプテンチェアを使っています
  • 座り心地は良いですが、少し組み立てには時間かかります。何を優先するかで色々と選択肢があるので、他のものでもよいかもしれません。

コールマン チェア スリムキャプテンチェア グリーン 2000013106

コールマン チェア スリムキャプテンチェア グリーン 2000013106

その他

フィールドラック

  • ユニフレームのフィールドラックを、荷物置きに使っています。
  • クーラーボックスやギアコンテナをこの上に置いています。クーラーボックスを地面に直接置くと保冷効果が弱まるため、フィールドラックは重宝します。雨が降っても荷物が濡れることがないのもお勧めな点です。

キャンプギアの入れ物

  • Snow Peak のソフト型のギアコンテナを使っています。
  • ギアコンテナをそのまま車に積み込んで、キャンプ時にはフィールドラックの上にそのまま置いて使っています。
  • 車が狭い場合には、こういったタイプのソフトなコンテナのほうが良いです。ハードタイプだとサイズが合わないと収納できないので、意外とモノが入りません。ハードタイプのコンテナは、車に十分なスペースがある場合に選択すると良いです

スノーピーク(snow peak) ギアコンテナ UG080

スノーピーク(snow peak) ギアコンテナ UG080

2017年 本当に買ってよかったもの7選

 2017年に使って本当に良かったものをまとめてみました。 2017年も本当に良いものに出会えました。素晴らしいプロダクトを作られている人に感謝!

ホットクック

材料をいれて作れて放置しておけば料理ができるというのは本当に楽です。無水鍋系のレシピは特に向いていて、何を食べても美味しいですね。こういった調理家電は、これからより発展する方向に進むと思うので期待ですね。

Kindle Oasis

これはAmazonが本気を出した端末ですね。Kindleは9台ほど持っていてかなりハードに使っていたほうだったのですが、しばらくの間やめていました。容量不足でKindleを複数使い分ける必要があったのと、途中のバージョンではハードボタンがなくなり、片手での操作ができなくなったからです。Kindle Oasisは、上記の今までの改悪を全て解消していて、本好きな人にぜひお勧めしたい端末です。次はカラー版Kindleに期待したい!

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

 

ThinkPad 470s

MBPが壊れてしまったので、ノートPCを十数年ぶりにThinkPadに変えてみることにしました。MBP 15inchのコスパが悪すぎるので乗り換えたのですが、Ubuntu+Windowsでも結構生活できるようになってますね。現状だと、まだMacのエコシステムのほうが良くできてますが、あと2年位で開発者向けは逆転しそうな気配も漂ってるので、乗り換えてみました。MBPがメジャーバージョンアップされて、良いものになるまでは、ThinkPadで行こうかなと!

 ドルツ

口腔洗浄機はDoltzの大きいやつを使っていたのですが、水を入れる容器を洗うのが手間だったので、これに切り替えました。口の中がとてもすっきりしておすすめです。

 Dr.ストレッチ

いわゆるパートナーストレッチをやってくれる専門店なのですが、マッサージ店より持続効果が長く、ハマってしましました。1年間ほど通っているのですが、色々な筋肉を意識できるようになり、ストレッチを効果的に実施できるようになったのは本当に良かったです。マッサージ店に通っていて、あまり効果を感じられていない人には、ストレッチ専門店をお勧めします。

doctorstretch.com

Spotify

Apple Music、Amazon Musicを使ってみたのですが、プレイリストを探すのが大変で結局使わなくなっていました。Spotifyは、プレイリストとその推薦システムの双方が非常に優秀なので、好みの曲やアーティストがどんどん自動で増えていくのがとてもいいですね。音楽を聴くことがこんなに楽しかったのかと思うことができ、久々にサービスを使ったときに素晴らしい体験をしました。

www.spotify.com

 Bose QC30

無線の快適さ、ノイズキャンセリングの秀逸さ、Boseサウンドの聞きやすさが相まって、控えめに言っても最高です。Spotifyを聞くようになったのも、BoseのQC30が余りに素晴らしかったからです。若干、遮音性が低いので、これでイヤーチップにComfortが使えるようになれば言うことなし!

 

ChefでMacを開発マシンとしてセットアップ

boxen, pivotal worktationなど最近Macを開発環境として自動でセットアップするためのツールが幾つかでてきています。

このような実装を幾つか見てみましたが、各会社用に特化しているので個人では少し使いづらいため、chefの既存のレシピを使って個人用の環境をセットアップできるようにしてみました。dotfilesと同じで、個人用の開発環境のセットアップ方法をバージョン管理しながら、少しずつ育てていこうかなと思ってます。

https://github.com/dann/chef-macbox

Mac用に使うChefのレシピとしては、hombrew, mac_os_x, dmgのレシピを使っています。
これらのレシピを使って、次のことをやっています。

  • 必要なアプリをdmgでインストール
  • homebrewレシピで必要なパッケージでインストール
  • mac_os_xレシピでMacの設定を変更
  • dotfilesをgithubから取得してセットアップ

設定そのものは完全に個人に依存しているので、他の人が使えるように作ってはいませんが、少し手をいれれば、汎用の開発者用としても使えます。

macbookがリニューアルされるとつい買ってしまったりと、個人でもMacはセットアップする回数が多いと思うので、Chefで個人用開発環境を育ててみると良いんじゃないかと思います。

Happy hacking!

Plack::Middleware::Profiler::KYTProfでプロファイリング

Devel::KYTProfでプロファイリングするのも、ミドルウェアになっていると使いやすいかもしれないということで作ってみました。
https://github.com/dann/p5-plack-middleware-profiler-kytprof

What is KYTProf?

onishiさんのDevel::KYTProfは、ネットワークI/O系やDBアクセスなどの、いわゆる重い処理に対してモンキーパッチをあてて、性能を測るということをするモジュールです。I/O系にフォーカスしているところが用途が明確でいいですね。Perl界隈でよく使われるモジュールに対してモンキーパッチをあてているので、useするだけで空気を読んで性能を測ってくれます。LLらしい面白いアプローチのモジュールです。

Plack::Middleware::Profiler::KYTProfの使いどころ

Ganglia, CloudForecast, Zabbixなどのリソースモニタリングツールを使うことで、I/O系の問題があることはすぐにわかります。しかし、I/Oの問題であることがわかっても、アプリケーションのどの箇所でおきているかを特定するのは、アプリの作りにも依存するところで、コードの理解無くして特定することは難しいこともあります。

そういった場合に、このミドルゥエアを使うことになります。使うことで、コードの変更すること無く、SQL、テンプレート、エンドポイントへの通信などを特定することが可能になります。

基本的な性能問題の8-9割は、I/O絡みで発生することが殆どなので、その点で実用的といえるかもしれません。

使い方

基本的な使い方は、以下の通りです。ウェブアプリ用のミドルということで、Template Engineもプロファイリング対象に加えています。

builder {                                                                                                                              
    enable "Plack::Middleware::Profiler::KYTProf";                                                                                     
    $app; 
}; 


負荷テスト環境や独自のアプリでも使えるようにするために、サンプリングしたいケースや、何をプロファイリング対象にしたいかなどを切り替えられるようにもしてあります。examplesにサンプルをいれてあるので、使ってみてください。

Enjoy!

#NYTProfのようなマイクロチューニングをするためのモジュールは、使う人が*モジュールの作者など)かなり限定的になるかなとは思うんですが、こういったI/O系は性能のオーダーはまるで違うので、使いどころは結構ありそうです。

Plack::Middleware::Profiler::NYTProfでプロファイリング

PlackアプリをプロファイリングするモジュールPlack::Middleware::Profiler::NYTProfを更新しました。
https://github.com/dann/p5-plack-middleware-profiler-nytprof

bayashiさんにパッチをもらって、負荷テスト環境などでも使えるようになりました。ある一定の負荷がかかった環境でしか性能問題がおきないといったケースはよくあるので、負荷テスト環境で、少し負荷をかけた状態で詳細なプロファイリングをしたい場合などに使ってみてください。

プロファリングのオーバーヘッドと負荷を減らすために、サンプリング、プロファイリング対象の限定、レポート機能のoffの3点の機能を追加しています。

サンプリング

全部のプロセスに負荷をかけるのではなく、対象をenable_profileというcallbackで、条件によってプロファイリングを有効にすることができます。特定のプロセスや何回かに1回プロファイリングするなどでサンプリングしながら、プロファイリングするのがおすすめです。

プロファイリング対象の限定

NYTProfは、PerlVMをhookして測定しているので、オーバーヘッドが他のプロファイラより小さくなっています。
ただ、それでもプロファイリングするレベルがstatementレベルなどと小さいとオーバーヘッドは大きくなってしまいます。
そこで、以下のDevel::NYTProfの文書に書いてあるように、プロダクション環境ではプロファイル対象を限定するのがおすすめです。

http://search.cpan.org/~timb/Devel-NYTProf/lib/Devel/NYTProf.pm#MAKING_NYTPROF_FASTER

これは、env_nytprofにblocks=0, slowops=0などを追加することで実現します。

HTMLレポートの出力をしない

これは単純に元々が開発環境用を目的に作られた機能なので、デフォルトがオンになっているのをオフにできる機能を用意したというだけのことです。負荷テスト環境では、HTMLレポートをそのまま生成するのではなく、NYTProfのプロファイリング結果だけを出力して、後でみられるようにすればよく、HTMLレポートはoffにしておかないといけません。
これは、enable_reporting optionを0に設定することで実現します。

設定のサンプル

まとめると、例えば以下のような設定で使います。

use Mojolicious::Lite;
use Plack::Builder;

get '/' => 'index';

builder {
  enable "Profiler::NYTProf",
    env_nytprof          => 'start=no:addpid=0:blocks=0:slowops=0:file=/tmp/nytprof.out',
    profiling_result_dir => sub { '/tmp' },
    enable_reporting     => 0,
    enable_profile       => sub { $$ % 2 == 0 }
    ;
 
  app->start;
};

__DATA__

@@ index.html.ep
<html><body>Hello World</body></html>

Enjoy!

#元々は開発環境で使うことを想定して、Plack Hackathonhttp://dann.g.hatena.ne.jp/dann/20091129/p1)で3年前につくったものですが、こうしてまた使われるというのも嬉しいものです。bayashiさん、ありがとうございました!

Devel::Cover::Report::VimででC0なカバレッジのコードを vim で表示

secondlifeさんのsimplecov-vimのエントリ見ていいなと思ってたんですが、perlでもDevel::Coverのreportとして実装されてました!
http://subtech.g.hatena.ne.jp/secondlife/20120312/1331528672

cover -report vim

でreport(cover_db/coverage.vim)を生成してから、vim

:so cover_db/coverage.vim

を実行すると、以下のようにC0なコードがvim上で表示できます。エディタ上で気軽にカバレッジがみれるのはいいですね。

coverage.vimをみた感じだと、ちょっとした修正で、rubyperlに限らず色々と応用できそうなので、今後他の言語でも使っていきたいところです。